レストランの食事のオーダー方法

英語が苦手な人でも、海外旅行に行ったらレストランで英語を話さなければならない瞬間があるでしょう。簡単なフレーズを覚えておくだけでもスマートにオーダーできるので、ここは少し勇気を出して英語を話してみるのはどうでしょうか。 レストランの席についたらまず飲み物を聞かれます。"Can I have ○○?"と言ってみましょう。メニューを指差しながら、このフレーズを言えば通じるはずです。飲み物が来るまでの間に、食べたいものを決めます。一人ずつメインディッシュを一皿に、アペタイザーをいくつか頼んでシェアするのも良いでしょう。その店おすすめのメニューがあればチャンレジしてみるのも一つの手です。"What do you recommend?"がおすすめを聞くフレーズです。

ファーストフードでオーダーする方法

朝食やランチにファーストフードを利用することがあるでしょう。日本でお馴染みのファーストフード店であっても、海外ではメニューが若干異なっていて一見の価値があります。 ファーストフードの注文の際は、レストランと同様に"Can I have ○○?"と言えば通じます。日本のファーストフードと違うのは、ソフトドリンクが飲み放題なところです。ドリンクバーで好きなだけ飲み物を注ぎ、カップが空になったらまたドリンクバーに行っても怒られません。何度でも飲めるのはビックリですよね。他にもびっくりすることは、Sサイズのドリンクを頼んだはずなのに日本で言うLサイズの大きなカップを渡されることでしょう。せっかく何度でも注げるのに、もしかしたら日本人には1杯で十分かもしれませんね。