日本食レストランにチャレンジする

海外旅行中は、現地のおいしいお肉や魚介類がたらふく食べられますが、日にちが経つに連れて、だんだんと日本の食事が恋しくなるものです。お醤油味のごはんが食べたくなったら、一度は海外の日本食レストランを試してみるのはどうでしょうか。たしかに本場の日本食とは違うところはあります。アボカドやマヨネーズがお寿司にのっているのを見るとびっくりするかもしれません。確実な味を求めたければ、日本人経営のレストランなら日本に近いものが食べられますよ。最近ではとんこつラーメンが外国人の間でブームになっており、日本のラーメンに負けない味のお店も出ています。食べ慣れた日本の味で、ダウン気味の気分をリフレッシュしてみましょう。

スーパーマーケットで日本食をゲット

海外では日本食ブームが定着していますし、日本人ファミリーも現地に住んでいますので、大きなスーパーには日本食の食材が置いてあります。日本でよく見かける調味料やお菓子が見つかることでしょう。 滞在先のホテルにミニキッチンがあれば、スーパーマーケットで食材を買ってきて自分で調理するのも一つの方法です。海外のスーパーは野菜やお肉は量り売りが基本で、必要な分だけ購入できます。お肉やお魚はカウンターで必要な量をオーダーすればパックにしてくれます。 精算のやり方は日本と少し違います。日本ではカゴをレジに乗せれば後は店員さんが精算してくれますが、海外のスーパーではお客さんがカゴから商品を取り出してカウンターに乗せる必要があります。